[口コミ]女川で有名な海鮮丼「おかせいの女川丼」

5月の連休に仙台駅から仙石東北ライン等を利用して女川まで往復しました。

わたしたちは車がないので電車の旅なのです。旅の計画は女川で海鮮丼を食べることがメインです。そして、気仙沼にもあまり行ったことがないということで石巻駅周辺も散策するのが今回の旅となます。

ランチタイム時はとても混むということで早めに到着して、丼をまず食べるため11時くらいに着く電車に乗ります。

女川で一番有名な海鮮丼「おかせい」の女川丼

11時過ぎに女川駅に到着し女川シーパルをまっすぐ進み、一番奥の「きぼうの鐘」近くにあるのがおかせいです。

女川と言えば「おかせい」さんの「女川丼(1,300円)」しかないとの噂もありここに行くことを決めました。震災前から「おかせい」の海鮮丼は、女川にまでくる価値があるくらい有名です。

なんと70年も続く老舗のお魚屋さん直営店の海鮮丼屋さんです。

おかせいは混む?

10時開店ですが、開店と同時にお客さんがくるとは聞いていたので10時30過ぎに着いたころにはもう混んでいて60分待ちしました。

女川丼1300円は高CP

販売機で食券を購入します。女川丼1300円にしました。

中トロ・はまち・かつお・びんちょうマグロ・甘エビ・蒸しエビ・サーモン・イカ・タマゴ・いくら・めかぶ・ほっきでした。

これにあら汁がついて1300円ならかなりコスパがいいです。

そしてどのネタも魚臭さはなく新鮮で美味しいです!そして海鮮丼では大事な酢飯の酢加減もちょうどよいです。

あら汁も身もしっかり食べれる部位が入っておりとっても美味しいあら汁でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です